私は借金のために差し押さえのされそうに

私は借金のために差し押さえのされそうになったので財務整理をする事に決めました。
債務の整理をする場合、借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免除されるからです。
家からそう遠くない弁護士事務所で話を聞いてもらいました。家族のような気持ちになって相談させてもらいました。
自己破産、民事再生、任意整理はひっくるめて債務整理と呼ばれはしますがメリットがそれぞれに違っています。

まず自己破産は全借金の返済から解放されゼロからの再出発が可能です。民事再生ならば住宅ローンの他の借金の元金が圧縮され、例えば家などの資産は引き続き保有できます。最後に任意整理は債権者と交渉することで毎月の返済額が取り決められ、加えて借金の金利や借入期間によって過払いとなっていたお金が戻ってくるかもしれません。
債務整理を行うことを家族に秘密にできるかはどうやって債務整理を行うかで難易度が違います。

任意整理にあたっては全ての手続きを自分でどうにかしようとしなければ家族に勘付かれることはごく稀です。ところが、手続きで世帯収入や資産を公開しなければならない個人再生や自己破産だと、隠し切るのは至難の業です。
なお、職場に関しては、どんな方法で債務整理を行おうと秘密にしておく事ができます。
任意整理の場合、債務の一部を清算することになりますが、個人再生などを行う場合は全ての債権者を対象にしなければなりません。任意整理は、債権者との話し合いで和解を進めていきますから、場合によっては、債権者が取り合ってくれないこともあるでしょう。司法書士や弁護士などの債務整理のプロが間に入った方が手続きは早いですが、依頼の際に、一部の借金を隠すようなことは厳禁です。

申告漏れがあると、後からその事実が伝わった時に、信頼関係が壊れてしまうでしょう。

通常、債務整理によって国内外の旅行や転居に影響が生じることはありません。

パスポートの申請にあたっても特に差し支えはありません。

ですが、特例が1つだけあります。

まさに自己破産を申し立てているという間のみは、自分の居所を常に裁判所に承知しておいてもらうことが必要なので、転居や旅行をするには裁判所に許可してもらう必要があります。免責が裁判所に認可された後であればその他の債務整理と同じく、制限されることはありません。債務整理の中でも任意整理や個人再生は「借金の減額」が目的であり、自己破産のように債務がなるわけではなく、減額後も残った借金を返済する必要があります。

その返済をおろそかにすると、苦労して得た和解(再生計画)も取消しになってしまい、当然ながら遅延利息を含めた借金の残額を一括で返済することを要求されることもありますし、強制執行なんてことにもなりかねません。

任意整理の和解や個人再生での再生計画は守ってこそ価値があるのですから、ムダにしないようにしましょう。
まだローンが残っているマイホームや車などがあるときに、債務者が自己破産を行うと、返済途中のローンは解約となり、返済のためにマイホームもマイカーも売ることになるか、でなければ競売にかけられるものです。ただ、債務整理といっても自己破産以外はそういったローンの契約は継続し、返済は従来通り続ける必要があります。

つまり月々の支払いさえ遅滞なく行っていれば問題ないわけで、返済金捻出のために家や車等を売ることはないので、おそらく自己破産から来る誤った認識が広まっているのでしょう。
出資法に基づき、昔は利率が利息制限法以上である貸付も頻繁に見られました。利息制限法の上限以上で出資法の上限未満という金利での貸付がグレーゾーン金利です。

現時点では金利が利息制限法の上限を超えていると法律違反です。
ですから、借金がグレーゾーン金利で行われていた場合、債務整理を行えば払い過ぎとなっていた利息の返還請求ができる場合があります。これがすなわち過払い金請求です。
債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、ある程度の期間は、クレジットカードを使ったり金融機関のローンを組むことも困難になると思います。

なぜなら、債務整理の経験者は金融事故歴があると信用情報機関に載ってしまうからです。短くとも5年間はブラック状態が続くので、時間が過ぎるのを待ってください。借金の整理がしたいのは山々だが所有しているクレジットカードを失うことになるのは避けたいという場合は、債務整理の中でも任意整理によることでひょっとすると残せるかもしれません。

任意整理では債権者を選り抜いて整理できるので、持っていたいカード会社はそのままに、それ以外の債権者と任意整理を行う事により、カードを持ち続けられます。とは言え、信用情報には任意整理を行うことで事故記録が残りますので、カードの更新にあたってはそれが元で停止となることが見込まれます。
杉並には外壁塗装がむいている